yoshiの気まぐれ日記

スノーボード関連のレポを中心に、日々の出来事や思った事などを超不定期&気まぐれに書いてます。 ホンマに気まぐれです・・・。

Attention!!
当blogの記事と無関係であったり趣旨に合わないコメント&TBは予告無く削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”世界”という名のカベ

昨日からドイツでコンフェデレーションズカップが始まりましたね。
アジア王者の日本は日韓W杯王者のブラジル、北中米カリブ王者メキシコ、欧州王者ギリシャと同じグループ。FIFAランクも上の相手にどこまでやれるでしょうか?

緒戦は北中米カリブ王者メキシコ!
パスサッカーを得意とする相手にどこまでやれるか?


期待は脆くも崩れ去る・・・orz


前半12分、一瞬の隙をついて柳沢がゴールしたものの、終始メキシコペース。
個人技も持ち、ミスの少なく仕事をキッチリこなしてくるメキシコに対して、日本は詰めの甘いプレーが多く見受けられたように思いました。

その象徴とも言えるのが前半39分。
横パスで展開していくメキシコに対し、ボールに当たりに行くのか引くのかが中途半端な対応の日本は、中盤でメキシコMFジーニャを完全にフリーにさせてしまう。
ボールを置き直すほどの時間を作らせてしまい、ミドルシュートを打たれて同点に追いつかれる。

その後もゲームを支配され、後半19分にメキシコFWフォンセカにヘッドを決められ逆転。

結局、日本の良い所をほとんど見ることなく試合は終了。
これが世界の壁なのか?
残り2戦・・・ギリシャとブラジルにどんなゲームをするのかを見てみたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fsb.blog9.fc2.com/tb.php/89-d84c56e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。